RESTA

resta

対談

これからのRESTAについて、語り合いました。

対談01

住まいをもっと楽しもう!
自分でつくる楽しさを広げる。

── 会社全体の売り上げが10億円を超え、その後も成長中ですが、その過程で何か大きな変化はありましたか?

平井社長(以下平井)

全体の売上に対する事業部ごとの比率が大きく変わりました。以前はリフォーム事業部がメインの事業でしたが、今はDIYインターネットショップ事業が主力の事業です。それにより、会社のスタッフの構成も大幅に変わりました。企画やデザインを行なうスタッフが増え、女性スタッフの比率も50%近くなりました。リフォーム事業については、不動産事業との一体化により大型リノベーションなどの問い合わせも着実に増えています。

── 今後の事業展開について教えてください。

平井

住宅を取り巻く環境が大きく変化している中で、住宅リフォーム、DIY市場はまだまだ成長中の市場だと感じています。

特に近年では、「家は30年で建て直す」「マイホーム=新築一戸建て・分譲マンション」という考え方が変わりつつあり、「中古物件をリフォーム、リノベーションして住む」や「中古物件を自分でDIYリフォームして住む」など、住まいの選択肢が多様化しています。 また、100年住める家という「100年住宅」というコンセプトがありますが、100年住むためには、メンテナンスが不可欠です。人に頼らず、自分で直せるものは直すことで、コストを抑え長く維持可能な住まいになります。そしてそこには、住まいへの関わり方が深くなることで、住まいへの愛着や自分でつくる楽しさを感じられるという要素もあります。

この変化に対応し、「住まいをもっと楽しもう!」をコンセプトに、現在、すべての事業を進めています。そして、近い将来には、売上高を20億へ、さらにその先には、50億円まで伸ばして行きたいと考えています。

対談02

会社と個人の新しい関係づくりへ。

── 成長戦略のキーは何でしょうか?

平井

会社にとらわれない働き方、インターネットを活用したクラウドワーク的な働き方など、新しい発想で、仕事を捉えることだと考えています。これから、「仕事はしたいけれども、勤務時間が合わない」「在宅でなら仕事ができる」など、今までの働き方では活かせない、潜在的な能力を発揮できる仕組みが、会社の成長のキーになってくると思います。
そして、この仕組みにより、多くの人が、仕事における人とのつながりや、仕事のやりがいを感じられるようになるだろうと考えています。インターネットを通じて可能になった、「会社と個人の新しい関係」を実現しながら、会社をさらに成長させて行きたいと考えています。

対談03

幅広いサービスへの対応と、
より深い業務への取り組みを両立。

── 複数の事業が共存していますが運営はどのようにされていますか?

神本統括部長(以下神本)

家を売買することと住宅リフォームが密接につながっているため、一体化したサービスが提供できるんです。つまり、複数の事業がありながらも、実は密接につながっているということ。リフォームとDIYに関しても、「プロに頼むか」もしくは「自分でやるか」といった両方の選択肢を提供できるため、幅広く対応できています。社内的には、ネット販売で培ったノウハウを、リフォーム事業部、不動産事業部に応用しています。また、社内にIT技術者が多数いるため、ITのサポートについても万全の体制を整えています。

── 成長過程で、社員スタッフの仕事のやり方に変化はありますか?

神本

あります。たとえば、10の商材を取り扱っていた担当者が、3つの商材に絞ることでより深く商材と関わることができるようになったり、同じ業務を複数の人間で手分けして行えるようになったりと、効率的に作業が進むようになりました。今もなお組織的には、変化進行中ですので、仕事のやり方はまだまだ変化すると思います。全く飽きない職場環境です(笑)

対談04

楽しく新しいことにチャレンジし、
住まいの楽しさを世界へ伝える。

── 会社の将来像は?

平井

住宅リフォーム・不動産・DIYネット通販が、ITを活用してできることはまだまだあると考えています。その可能性を感じながら、どれだけ楽しみながら新しいことに挑戦していけるかがカギ。少人数でも、チャレンジしたい人が集まる会社にしたいですね。

神本

DIYネットショップはグローバルに、リフォーム・不動産事業は地域に根付いた事業として、必ず成長していく分野だと思います。将来的には、DIY商材を日本の文化とともに海外へ広めていきたいです。

── ありがとうございました。

CONTACTお問い合わせ

ご質問やご相談などございましたら、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ